りんごで育った信州牛とは

りんごで育った信州牛とは

りんごを食べると・・・

お肉が美味しくなるかどうかは肥育期間の育て方で変わります。
地元農家から出るりんごを加えた発酵飼料を与えることにより、りんごの持っている有機酸類やビタミン類などが健康な牛を育て、甘みのある肉質を生むのです。

信州牛の肥育に用いられるりんご りんごで育った信州牛

「りんごで育った信州牛」を育てる高井富士畜産

高井富士とも呼ばれる北志賀高原・高杜山の山麓山ノ内町須賀川の閑静な山里(標高700m)に高井富士畜産(すき亭姉妹牧場)の牛舎があり、約三百頭の黒毛和牛が「りんごで育った信州牛」として出荷されるまで、厳しい管理のもとに肥育されています。

長野県の北部、広大な自然が広がる北志賀高原で長年「りんごで育った信州牛」と向き合う高井富士畜産

長野県の北部、広大な自然が広がる北志賀高原で長年「りんごで育った信州牛」と向き合う高井富士畜産

牛舎にはクラシック音楽を流すなど、牛のストレスをなくすための様々な取り組みも

牛舎にはクラシック音楽を流すなど、牛のストレスをなくすための様々な取り組みも

すき亭用の牛を肥育する月岡昭二さん(長野県認定食肉マイスター)

すき亭用の牛を肥育する月岡昭二さん(長野県認定食肉マイスター)

ご案内